レポート

ネブラスカ大学訪問

 5月20日、米国ネブラスカ州センターオブアフガニスタンスタディ―にてアフガニスタンにおける文化、観光分野の復興についてAbudul Raheem氏、Sher Jan Ahmadzai氏、Shaista Wahab氏と会いました。内戦が終結し立ち上がり始めたアフガニスタン。戦争の傷や人道援助だけでなく、歴史、文化、観光を多くの人に知ってもらうために、大学交流、ネット公開討論、考古展、スポーツ教室、写真展など文化やスポーツの祭典を通して文化遺産や博物館に対する支援や協力の可能性があるとアドバイスがありました。


アーサー・ポールコレクションの紹介を受ける

※アーサー・ポールコレクションとは
ネブラスカ大学図書館地下1階所蔵室に集められている2万点のコレクション。書物、陶器、コイン、装飾品、書類、地図、骨とう品などがある。


アフガニスタンを注目してもらうため、考古展、大学間交流、ネット公開討論、スポーツ祭典、写真展なども視野に入れることが重要とアドバイスするネブラスカ大学のスタッフ